粘膜タンポン:それが何であるか、それがすでに残っているかどうかを知る方法

粘液栓は、妊娠の最初の数か月に体が産生する物質で、細菌や他の微生物が子宮に到達するのを防ぎ、赤ちゃんの発育と妊娠の継続を妨げることを目的としています。これは、タンポンが膣管の直後に存在し、子宮頸部を閉じ、赤ちゃんが生まれる準備ができるまで、リスクのない妊娠の場合に残るためです。

このように、粘液栓の解放は妊娠37週の終わりの始まりを示し、分娩が数日または数週間で始まることを示しています。このプラグの外観はほとんどの場合ゼラチン状の一貫性があり、色は透明から赤褐色まで変化します。

去った後、軽いけいれんが始まり、お腹が一日中固まる瞬間があることは一般的ですが、これは分娩開始のフェーズの1つにすぎません。分娩の段階を調べてください。

粘膜タンポン:それが何であるか、それがすでに残っているかどうかを知る方法

粘液栓を正しく識別する方法

タンポンは通常、子宮全体から外れ、サイズが4〜5センチの白っぽい卵白に似ています。ただし、妊娠中であってもリスクはなく、形、質感、色を変えることができます。

粘液栓のバリエーションは次のとおりです。

  • 形状:全体または部分。
  • テクスチャー:卵白、固いゼラチン、ソフトゼラチン。
  • 色:透明、白く、黄色がかった、赤みがかった、または場合によっては茶色に似た土の色調。

非常に特徴的な側面があるため、タンポンの出口はアミノティックバッグの破裂と混同されることはほとんどありません。それは痛みを発生させず、出産予定日の約3週間前に起こるためです。

バッファが出てきたら

最も一般的なのは、粘液栓が妊娠37週から42週の間に解放されることです。まれに、これは分娩中または赤ちゃんがすでに生まれているときにのみ起こります。タンポンを出てから赤ちゃんが生まれるまでにかかる時間を確認してください。

タンポンは事前に出てくることができますか?

タンポンが妊娠の初期段階で出てくる場合、それは通常問題の兆候ではなく、体が妊娠によって引き起こされた変化にまだ順応していることを示しているだけかもしれません。この時期、赤ちゃんは感染症にかかりやすくなりますが、体は子宮を再び保護するための新しいタンポンをすばやく作ります。

したがって、その問題が再び発生しないのであれば、それは懸念の原因にはなりません。ただし、妊娠のリスクがあるかどうかを評価できるように、妊娠に同行している産科医に通知することは常に重要です。

妊娠中期後の37週間前に粘液栓を除去する場合は、早産のリスクがあるため、出産を求めることが推奨されます。 

粘液栓を去った後何をすべきか

粘液栓を出た後は、ウォーターバッグの破裂や頻繁で定期的な収縮など、分娩開始の他の兆候に注意を払うことをお勧めします。粘液栓の出口は陣痛が始まることを必ずしも示すわけではないので、これが起こるのに最大3週間かかるかもしれませんが、頻繁で定期的な収縮は起こります。赤ちゃんの誕生を示す収縮を識別する方法を学びます。