5コレステロール低下茶

コレステロールを下げる優れた方法は、アーティチョークティーやマテ茶など、血中コレステロール値を下げるのに役立つ特性を持つお茶を日中に飲むことです。

ただし、これらのお茶は医師の指導のもとで摂取する必要があり、コレステロール値の高い薬の治療のみを完了する必要があります。これは、コレステロール薬、運動、栄養士の指導による食事療法で行うことができます。

コレステロールを下げるのに役立つ5つのお茶には、次のものがあります。

1.アーティチョークティー

5コレステロール低下茶

アーティチョークは血液を浄化する性質があり、血圧を下げ、動脈硬化を防ぐことに加えて、血液中の過剰なコレステロールを減らす酸を成分に含んでいます。

摂取方法: 1リットルの熱湯に2杯のアーティチョークの葉を入れ、温め、1日2〜3杯のお茶を飲ませ、15日間食事をとります。

禁忌:胆管閉塞、妊娠、授乳。

2.タンポポ茶

5コレステロール低下茶

タンポポは血中のコレステロール値を下げ、血管内に脂肪が沈着するのを防ぎます。

服用方法:乾燥したタンポポの葉30 gを500 mlの熱湯に加え、10分間放置します。その後、1日2〜3杯のお茶をこして飲みます。

禁忌:  高血圧、食道炎、または裂孔ヘルニア。

3.ウコン茶

5コレステロール低下茶

ウコンは、その抗酸化作用により血中コレステロール値を下げるのに役立ちます。

飲み方: 500mlの熱湯に小さじ3杯のターメリックパウダーを加え、約10分間放置します。温めた後は、食事の合間に1日に最大3杯のお茶を飲みます。

禁忌:胆嚢結石による胆管の閉塞および抗凝固薬を服用している患者。妊娠中または授乳中の場合は、医師の助言の下でのみ使用してください。

4.マテ茶

5コレステロール低下茶

イエルバメイトは、抗酸化作用に加えて、食品からの脂肪の吸収を減らし、腸内のコレステロールの吸収を防ぎ、悪玉コレステロールを減らします。

飲み方: 500mlの熱湯に3杯のマテ茶のマテ茶を入れ、温め、緊張させ、1日最大1リットルのお茶を飲みます。

禁忌:不安、緊張、不眠症、無秩序な高血圧。

5.緑茶

緑茶には、抗酸化作用と悪玉コレステロール値を下げるのに役立つ他の化合物があります。

摂取方法: 500 mlの熱湯に小さじ3杯の緑茶を加え、温め、緊張させ、食事の外で1日最大4杯のお茶を飲みます。

禁忌:妊娠、授乳、不眠症、胃炎、高血圧。

このビデオを見て、コレステロール値を下げるための他の食事のヒントについて学んでください。

その他のコレステロール低下のヒント

お茶に加えて、他のコレステロール低下のヒントには以下が含まれます:

  • たとえば、ウォーキング、サイクリング、水泳、ランニングなど、週に3回程度の運動をします。
  • 脂肪の多い食品、お菓子、揚げ物は避け、果物、野菜、豆類、自然食品を優先してください
  • 抗酸化剤として血中の余分な脂肪を排除するのに役立つ空腹時のオレンジ茄子ジュースを飲む。ここにこのジュースを作る方法があります:コレステロールのためのナスジュース。