大腸炎の治療法

大腸炎の治療は、大腸炎の原因によって異なります。抗炎症剤や抗生物質などの薬の使用、または食事の変更によって行うことができます。これは、ほとんどすべての種類の大腸炎に共通の要因であるため、腸の炎症を和らげて怪我を減らすために、軽い食事療法に従うべきです。

大腸炎は腸内の炎症であり、いくつかの原因があります。たとえば、ストレスや細菌感染の結果である可能性があり、腹痛、ガス、脱水症、下痢と便秘の交替が特徴です。大腸炎の他の症状を知る。

大腸炎の治療法

1.救済

薬物による治療は、症状を和らげる、または腸の感染と炎症の原因となる微生物と闘うことを目的として医師が指示することができます。したがって、例えば、パラセタモールやイブプロフェンなどの鎮痛薬や抗炎症薬、または微生物が耐性である場合は、メトロニダゾールやバンコマイシンなどの抗生物質の使用が推奨されます。

さらに、栄養士は、マルチビタミンに基づく薬を使用して人の栄養状態を改善することや、抗生物質と免疫抑制作用を備えた腸の抗炎症剤であるスルファサラジンなどの下痢を止める薬を使用することを示唆している場合があります。

2.食べ物

大腸炎の治療には食物が重要です。これは、合併症を防ぎ、症状を緩和し、体内の栄養素の吸収を改善して、人の生活の質を向上させるためです。

大腸炎の治療中に大量に摂取すべき特定の食事や食べ物はありませんが、栄養士は、その人が健康的でバランスの取れた食事をしていて、赤身の肉、果物や野菜、良質の脂肪、天然スパイスの使用。大腸炎の摂食に関する詳細をご覧ください。

3.家庭薬

大腸炎の在宅治療は、腹痛、ガス、悪寒、脱水症などの炎症関連症状の緩和に役立ちます。

大腸炎の家庭療法の選択肢は、1日に数回摂取できる純粋なリンゴジュースです。このジュースを作るには、ブレンダーかプロセッサーにリンゴを入れて飲んでください。大腸炎のための他の家庭薬をチェックしてください。

4.手術

大腸炎の手術は、薬と十分な食物による治療が効果的ではなく、結腸または直腸の一部または全部を切除する必要がある場合にのみ医師によって示されます。これは通常、病変が不可逆的であるより重度の大腸炎の場合に発生します。