日本の食事療法:仕組みと7日間のメニュー

日本の食事療法は急速な体重減少を刺激するために作成され、1週間の食事療法で最大7kgを約束しました。ただし、この体重減少は、たとえば、健康状態、体重、ライフスタイル、ホルモン産生などによって、人によって異なります。

 日本の食事は、非常に制限された食事であり、7日間だけ使用する必要があるため、日本の伝統的な食生活とは関係ありません。弱点や倦怠感などの変化を引き起こす可能性があるほか、食品の再教育メニューではありません。 。

日本の食事療法:仕組みと7日間のメニュー

使い方

日本の食事は、朝食、昼食、夕食を含め、1日3食のみで構成されています。これらの食事には主に、紅茶やコーヒー、野菜、果物、さまざまな肉など、カロリーのない液体が含まれています。

水分を保つために大量の水を飲むことを忘れないでください。たとえば、ジャガイモ、サツマイモ、卵、チーズ、ヨーグルトなど、他の健康的な食品を7日間の食事後に徐々に日常生活に取り入れることを忘れないでください。

日本のダイエットメニュー

日本の食事メニューは7日間で構成されており、次の表に示すとおりに従う必要があります。

食事初日2日目3日目4日目
朝ごはん無糖コーヒーまたは紅茶無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット
ランチ2ゆで卵と塩と様々な野菜野菜サラダ+ラージステーキ+ 1デザートフルーツゆで卵2枚、塩+サラダ(トマトを含む)ゆで卵1個+にんじん1個+モッツァレラチーズ1切れ
晩ごはんレタスとキュウリのグリーンサラダ+ 1枚の大きなステーキ自由にハムにんじんとシャヨーテを自由自在に使ったコールスロープレーンヨーグルト1つ+フルーツサラダ自由自在

食事の最後の日では、ランチとディナーの食事は少し制限が少なくなります:

食事5日目6日目7日目
朝ごはん無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット無糖のコーヒーまたは紅茶+ 1塩と水ビスケット
ランチ無制限のトマトサラダ+揚げ魚のフィレ1個自由にローストチキン1ステーキ+デザートにフルーツ
晩ごはん1ステーキ+デザートのフルーツサラダ2ゆで卵と塩この食事療法の中であなたが望むものを食べる

日本の食事と同じくらい制限的な食事を始める前に、医師または栄養士に相談して、健康状態を確認し、食事による深刻な損傷がないことを忘れないようにすることが重要です。あなたが速く体重を減らすのを助ける他の食事療法を見てください。

日本のダイエットケア

それは非常に制限的でカロリーが非常に少ないため、日本の食事はめまい、脱力感、倦怠感、圧力の変化、脱毛などの問題を引き起こす可能性があります。これらの影響を最小限に抑えるには、水分を十分に保ち、よく摂取する野菜や果物を変えて、食事でさまざまなビタミンやミネラルを摂取できるようにすることが重要です。

使用できるもう1つのヒントは、カルシウム、カリウム、ナトリウム、コラーゲンなどの栄養素が豊富で、カロリーをほとんど含まない飲み物であるため、食事の間に骨スープを含めることです。骨スープのレシピをご覧ください。