ミコナゾール硝酸塩:それは何のためであり、婦人科クリームの使用方法

硝酸ミコナゾールは、抗真菌作用を有する薬剤であり、皮膚または粘膜上の酵母菌によって引き起こされる感染症を治療するために広く使用されています。

この物質は、皮膚の真菌感染症の治療のための薬局、クリームとローションの形で、そして膣カンジダ症の治療のための婦人科のクリームに含まれています。 

硝酸ミコナゾールの使用方法は、医師が処方する剤形によって異なりますが、婦人科用クリームは、より効果的にするために、好ましくは夜間に膣管内に塗布する必要があります。他のタイプのミコナゾール硝酸塩とその使用方法について学びます。

ミコナゾール硝酸塩:それは何のためであり、婦人科クリームの使用方法

それは何のため

膣クリーム中のミコナゾール硝酸塩は、カンジダ症と呼ばれる真菌カンジダによって引き起こされる外陰部、膣または肛門周囲領域の感染症の治療に適応され  ます。

一般に、この真菌によって引き起こされる感染症は、重度のかゆみ、発赤、灼熱感、そしてしこりのある白い膣分泌物を引き起こします。カンジダ症を特定する方法を学びます。 

使い方

ミコナゾール硝酸塩膣クリームは、約5 gの薬の容量を持つクリームと一緒にパッケージに含まれているアプリケーターと一緒に使用する必要があります。薬の使用は以下の手順に従う必要があります:

  1. アプリケーターの内側をクリームで満たし、それをチューブの先端に合わせて、その底を絞ります。
  2. 可能な限り深くアプリケーターを膣に静かに挿入します。
  3. アプリケーターのプランジャーを押して空にし、クリームを膣の底に置きます。
  4. アプリケーターを取り外します。
  5. パッケージに治療に十分な量が含まれている場合は、アプリケーターを廃棄します。

クリームは、夜間、14日間続けて、または医師の指示に従って使用する必要があります。

治療中は、通常の衛生対策を維持し、親密な場所を乾いた状態に保つ、タオルの共有を避ける、堅い合成衣服の使用を避ける、砂糖を含む食品を避け、終日大量の水分を飲むなど、他の対策を採用する必要があります。カンジダ症治療中の治療、家庭のレシピ、およびケアについての詳細をご覧ください。 

考えられる副作用

まれですが、ミコナゾール硝酸塩は、腹部のけいれんやじんましんに加えて、皮膚の局所刺激、かゆみや灼熱感、発赤などの反応を引き起こす可能性があります。

誰が使うべきではないか

この薬は処方の成分に過敏症のある人には禁忌であり、医師の推奨なしに妊娠中または授乳中の女性は使用しないでください。